2011年10月11日

RAMAC ごみの行先

廿日市市のごみの分別に従って、8分別致しました。
・燃えるごみ
・資源ごみ
・カン
・ビン
・箸
・串
・ペットボトルキャップ
・その他ごみ

そのうち、ペットボトルキャップは
10/4に株式会社西原化成さんへ届けてきました。
このペットボトルキャップがワクチンへと生まれ変わります。
株式会社西原化成HP http://www.nishihara-kasei.com/eco_cap.html
ペットボトルキャップ.jpgRIMG0449.JPGRIMG0446.JPG

後日エコキャップ推進協会より、「エコキャップ受領書」が届きました。
今回ご協力いただいて回収した2400個(6s)のペットボトルキャップが
3人分のワクチンへと生まれ変わります。(800個でポリオワクチン1人分が購入できるそうです)
NPO法人エコキャップ推進協会HP http://ecocap007.com/

また箸と串は広島市安佐北区の小河内地区で炭となります。
NPO法人小河内OプロジェクトHP http://ogauchi.web.fc2.com/html/yataro-kun-jigyo.pdf
はし.jpg
posted by from grassroots at 09:39| FESTA de RAMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RAMAB 説明会/ふり返りの会の開催

今年も事前説明会、またふり返りの会を開催致しました。
9/10に開催しました、事前説明会では、半分以上が今年初めての参加者が多かったため、
クリーンスタッフがどのような活動をするのか、スタッフとしての意識、
簡易洗浄の方法、ゴミの分別について簡単に説明しました。
説明会の後半では、各チームに分かれて仕事の詳細をチームリーダーより説明。
当日の仕事の流れやシフト等の確認を行いました。


IMG_0640[1].JPGIMG_0641[1].JPG
また、FESTA de RAMA開催後の10/1は、
今後、リユース食器を多くのイベントで普及させていくにあたって、
どのようにしたらよりよく運営が上手くいくかなど、
各チームに分かれて改善点の洗い出しを行いました。
みなさんからとても有意義な意見が多く出て、今後の活動へ活かしていきたいと思います。

今年もとてもいいメンバーに恵まれ、
今後リユース普及プロジェクトをはじめ、一緒に活動していきたいと感じました。


posted by from grassroots at 09:32| FESTA de RAMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RAMAA 当日各チームの様子の紹介

今年は4つのチームに分かれて作業を分担しました。
各チームの仕事内容は以下の通りです。

・ecoブース(リユース食器返却受付・簡易洗浄の案内、ゴミ分別の案内)
ecoブース3.jpgecoブース4.jpg簡易洗浄.jpg

簡易洗浄につきましては、RCCさんにご協力頂いて作成した
「リユース食器の使い方」http://gr-reuse.seesaa.net/article/218756916.html
で紹介している方法に従って、お客さまへもご協力頂きました。

・洗浄ブース(リユース食器の洗浄)
洗浄1.jpg洗浄2.jpg洗浄3.jpg
今年は、頂いた助成金より洗浄機を購入。マルゼンさんに設置頂きました。
大量に返却される食器をスムーズに洗浄することができました。

・ロジスティック(飲食店、ecoブースからのゴミの回収分別)
ロジ1.jpgロジ3.jpg
飲食店から出るごみ分別の案内、またごみの回収。
また会場内に落ちているごみやリユース食器の回収を行いました。

・貸出ブース(飲食店へのリユース食器の貸出)
事前に各飲食店へリユース食器導入について説明させて頂いたこともあり、
問題なくリユース食器の貸出を行うことが出来ました。
今回のイベントでご利用頂いたリユース食器数は 9,195個です。

次は事前スタッフ説明会、ふり返りの様子をご紹介します。
posted by from grassroots at 09:24| FESTA de RAMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。