2011年02月18日

幸せトランジスタ

今年の年初、1月4日。
遅ればせながら、いつもお世話になっている「おりづる作業所」さんに洗浄費をお支払させていただきました。微々たるものですが87,517円でございました。

RCCさんとの協働事業のお蔭で、11月は一か月に10件(昨年一年でも22件)も出荷があり、かつてない盛況ぶりで、お支払できた金額も過去最高を記録致しました。

そうしたら、本日、ご担当頂いている方からなんとも嬉しいメールが届きました。
あんまり嬉しいのでシェアさせて頂きます。

1月のあたまにまとめてびっくりするような金額を入金していただいたおかげで、
1月分の給料が、うちのグループではなかなかないのですが、夢の1万円超えでした。
「リユースのお金がたくさんはいったんよ」というと、
ちゃんとおうちで「リユースのお金が入ったんよ」とご家族に説明した仲間もいたようです。
毎月、あれだけの額というのは厳しい現状ですが、いつかはきっと!と夢もふくらみました。
仲間一人あたり一万円を超えることは、年に2〜3回しかないので、本当にうれしいひとときでした。
あ、仕事ドンドン寄こせ〜というプレッシャーではないですよ、念のため。
単にうれしかったのでご報告です。
本当にありがとうございました!


(当Reuse Projectは知的障碍を持った方々に食器洗浄を委託するという形で支えて貰っており、一方でその仕事を創出・維持するという役割を私共が担っているWin-WinのProjectです。)

自分たちの活動がこうして誰かに喜んでもらえるってことが、本当に純粋に嬉しいし、すごく励みになります。あんまり嬉しくて、思わず今日はクラブイベントで並々ならぬサポートをしてくれている三代屋さんに報告に行きました。そしたらやっぱり喜んでくれて…、「使ってくれたみんなに報告するから、メール転送してくれ!」って言ってくれて、幸せな気持ちがドンドン増幅されていきました。

これもひとえに私たちの志を理解してくださり、リユース食器を導入してくださった皆様のお蔭です。
改めて感謝の念を申し伝えたいと思います。本当にありがとうございます。
もしよろしければ引き続きのご利用頂きたく、ご連絡心よりお待ちしております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

Reuse Project 統括責任者 南澤 克彦





posted by from grassroots at 01:38| リユース食器を使ったイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。