2008年11月30日

資材調達

先の『国際交流・協力の日』にてリユース食器運用の試験的実験を経て、非常に好意的なリアクションを得たわけですが…、継続していく上での問題点もわかりました。

それは リユース食器の調達 です。
今回はツテを頼り、無料で借り受けることができたのですが、それでも返却の為に、クロネコさんにお世話になり、送料として約4,000円ほど掛かってしまいました。これでは完全な赤字でございます。一度きりのことならば、それでも楽しみながらやり過ごすことはできますが、このままではいずれムリが生じ、長期的・継続的な実施は不可能であることは火を見るより明らか…。

近郊でリユース食器の貸し出しを行っている所があればいいのですが、調べた所それもないようなので…、身近でリユース食器を調達する必要があるということがわかりました。


posted by from grassroots at 00:00| Comment(0) | 資材調達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。